【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない

自動車 ニューモデル 新型車
【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない
  • 【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない
  • 【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない
  • 【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない
  • 【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない
  • 【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない
プジョー『206』の後継モデルとして発表された『207』は、206に比べてボディサイズを大幅に拡大している。スリーサイズは4030mm×1750mm×1470mmとなり、全長は195mm、全幅は80mmも大きくなっている。ホイールベースも100mmも延長され2540mmまで拡大されている。

プジョージャポン広報部の近棟伸邦さんは「207は206に比べてボディサイズが大きくなっていますが、それがネガティブな要素になるとは、あまり考えておりません。当初は営業側もサイズの拡大を懸念していましたが、実際にクルマを見てもらうと、運転席からの視界がよいので、大きさは気にならないという声が多かったようです」

「207を買っていただくお客様は、206からの買い替えていただく方も多いと思いますが、この視界と取り回しなら、あまり苦にはならないのではないかと考えています」という。

207の運転席に座ってみると、確かに視界は開けてはいるが、大きさ自体は206と比べると、確実に大きくなったように感じる。最小回転半径も5.4mもあり、国産のコンパクトカーと比較すると大きいので、数値的に取り回し性能が優れているとはいえないが、視界が開けているので運転はしやすそうだ。

他の輸入コンパクトカーも、これぐらいの全幅が主流となってきているので、輸入車を選ぼうとする人にとっては、とくにこのサイズがネガティブな要素になることもないのだろう。
《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース