三菱、実験用の電気自動車を東京電力と九州電力に納車

三菱自動車は、電力会社と共同研究中の次世代電気自動車「MiEV」(ミーブ)に関して、研究車両『i MiEV』を東京電力と九州電力に引き渡し、実車を用いての性能評価を実施すると発表した。

自動車 ニューモデル 新型車
三菱、実験用の電気自動車を東京電力と九州電力に納車
  • 三菱、実験用の電気自動車を東京電力と九州電力に納車
三菱自動車は、電力会社と共同研究中の次世代電気自動車「MiEV」(ミーブ)に関して、研究車両『i MiEV』を東京電力と九州電力に引き渡し、実車を用いての性能評価を実施すると発表した。

三菱自動車は、開発中のMiEVについて、電力会社と共同研究を開始しており、三菱自動車が研究車両の供給や実証走行データの分析、電力会社側が実証走行の実施・データの収集や市場での実用性評価を担当している。

これまで、三菱自動車と各電力会社との間で、事前の検討・確認作業を進めてきたが、12日に東京電力と九州電力へ、研究車両 i MiEVをそれぞれ1台ずつ引き渡した。これらの車両は、電力会社における業務車両としての適合性や、急速充電インフラとの整合性などの確認に用いられる。

三菱自動車と各電力会社では今回の性能評価を経て、今秋を目途に研究車両台数を増やして、実際の運転環境での走行や市場での受容性を確認する実証走行(フリートモニター)を開始する予定。

三菱自動車では、環境問題への対応やエネルギー多様化への対応のため、このMiEVを始め、次世代ディーゼルエンジンや、エタノールでも走行可能なフレキシブル・フューエル・ビークル(FFV)など様々な技術開発を行っているとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集