【ジュネーブモーターショー07】キア、初のコンバーチブルモデル

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー07】キア、初のコンバーチブルモデル
  • 【ジュネーブモーターショー07】キア、初のコンバーチブルモデル
韓国のキア自動車は来月のジュネーブモーターショーで、かねてから噂になっていた、同社として初のコンバーチブルモデルを発表する予定だという。モデル名は『エクシード』コンセプト。デザインを担当したのは元フォルクスワーゲンのデザインチーフでキアに移籍したペーター・シュライヤー氏。

原型モデルは3ドアハッチバックの『シード』で、こちらは今年の終わりにも生産が始まる予定。シードは5ドアハッチバックがすでにヨーロッパで販売が始まり、夏にはステーションワゴンも投入される予定となっている。

カブリオレコンセプトはカンバストップで、「オープンエアのロマンチックさが味わえる車」だという。ボディはホワイト、カンバストップはチョコレート色で、インテリアにもこの2色が使用されている。

発売予定などは未定だが、リーズナブルな価格の4シーターカブリオレとして、米国でも話題を呼びそうだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集