キア初の自動運転レベル2、シード 新型をジュネーブモーターショー2018で公開予定

自動車 ニューモデル 新型車

キア・シード新型
  • キア・シード新型
  • キア・シード新型
  • キア・シード新型
  • キア・シード新型
  • キア・シード新型
  • キア・シード新型
  • キア・シード新型
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する新型『シード』に、キア初のレベル2の自動運転システムを設定すると発表した。

『シード』は、キアモーターズの欧州市場における主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー2012で発表された現行型は、2世代目モデル。激戦区の欧州Cセグメントに投入された。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベースに、開発されたのがシードとなる。

ジュネーブモーターショー2018で初公開される予定の新型シードは、3世代目モデル。新型の特徴のひとつが、キア初のレベル2の自動運転システムの設定。これは、「レーン・フォローイング・アシスト」とセットで用意されるもの。

高速道路において、前方の車両との間に一定の車間を保ちながら、自動的に追従走行。路面の標示を検出し、前方の車両との距離に応じて、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御する。このシステムはセンサーを使用して、停止状態から130km/hの範囲で作動する。

この他、新型シードには、先進運転支援システム(ADAS)として、ストップ&ゴー機能付きのスマートクルーズコントロール、ブラインドスポット衝突警告、リアクロストラフィック衝突警告、スマートパーキングアシストなどがラインナップされている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集