【新聞ウォッチ】トヨタ、20年ぶりの日本一逃す ラグビー

モータースポーツ/エンタメ 出版物

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2007年2月26日付

●社説:ヤマハ不正輸出、軍事技術の拡散に鈍感すぎる(読売・3面)

●ヘリ不正輸出、中国側が高額「授業料」ヤマハ発動機、代金と別に年3000−5000万(読売・39面)

●貸し切りバス監査2割 規制緩和で参入ラッシュ、安全対策後手に、国交省(読売・39面)

●ラグビー日本選手権、東芝V2 トヨタ、当たり負け(朝日・18面)

●人民解放軍が同席、ヘリ事件、ヤマハ発、中国で商談中(朝日・39面)

●主張:無人ヘリ事件、あまりに問題意識が低い(産経・2面)

●社説:自転車と歩道、歩行者を脅かさぬよう(東京・3面)

●環境トラック世界展開、日産ディやいすゞ、技術の優位性生かす(日経・1面)


ひとくちコメント

ラグビーの日本一を決める第44回日本選手権の決勝戦が東京・秩父宮ラグビー場で行われた。試合の結果は東芝がトヨタ自動車を19-10で下して2年連続6度目の優勝。トヨタは20年ぶりの優勝を逃した。

きょうの各紙がスポーツ面で大きく取り上げているが、「トヨタ、PG失敗に泣く」(日経)、「トヨタ,当たり負け」(朝日)、「トヨタあと30センチ、また準優勝」(東京)などと分析記事を伝えている。リーグ最強といわれるトヨタのFWも東芝の攻守にはあと一歩、力が及ばなかった。

それにしても、ここ10年でトヨタの準優勝が4回、頂点を極めるのは本業よりもラグビーの世界のほうが難しいようだ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集