【VW ゴルフ GT TSI 日本発表】魅力が際立つGTグレード

自動車 ニューモデル 新型車

【VW ゴルフ GT TSI 日本発表】魅力が際立つGTグレード
  • 【VW ゴルフ GT TSI 日本発表】魅力が際立つGTグレード
  • 【VW ゴルフ GT TSI 日本発表】魅力が際立つGTグレード
  • 【VW ゴルフ GT TSI 日本発表】魅力が際立つGTグレード
  • 【VW ゴルフ GT TSI 日本発表】魅力が際立つGTグレード
VW『ゴルフ』の「GT」というグレードは今まで、「GLi」と同じ2.0リットルの自然吸気エンジンがラインアップされ、トランスミッションも6速ATを組み合わせていたが、この1月からはスーパーチャージャとターボの「TSI」エンジンが搭載され、トランスミッションもスピーディなシフトワークが楽しめる「DSG」に変更になった。

TSIエンジンを開発したフォルクスワーゲンAG 新技術担当広報のクリストフ コーネン氏は「新しいゴルフGTは、ゴルフの中でのスポーティモデルというポジションは同じですが、パワフルなTSIとDSGを得たことで、より走りが楽しめるパッケージングに進化していると思います」という。

確かに今までのGTは、「少し足まわりがハードな普通のゴルフ」という感じだったが、新しくなったGTは、走らせる楽しさが格段に高まっている。170psを発揮するTSIエンジンは、全回転域で力強く、素早いシフトワークが行なえるDSGを操るのも楽しい。

また、サスペンションの設定もエンジンに合わせてファインチューニングが施され、タイヤサイズも従来の16インチから17インチに拡大されている。それらの効果により、ワインディングを走ったときの安定感や限界性能は大幅に磨き上げられている。

この走りは、完全に「普通のゴルフ」脱却して、「少しマイルドなGTI」という感じに成長している。その結果、一気にGTというグレードの存在価値と魅力が際立ったように思える。おまけに価格も従来のGTから、たったの3万円アップに留まっているのもうれしい。走行性能の高さに魅力を感じてゴルフを選ぼうとしているなら、GTはイチオシのグレードだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集