BMWグループがITセンターを新設へ

自動車 テクノロジー ネット

BMWグループがITセンターを新設へ
  • BMWグループがITセンターを新設へ
BMWグループは、ミュンヘン北部に新しい情報技術(IT)センターを建設し、全てのIT業務を集約すると発表した。

新設するITセンターは敷地面積が5万6000平方メートルに、2段階に分けてビルを建設し、完成は2009年中頃の予定。これまで同社のIT部門はミュンヘンの内外7カ所に点在していたが、これによりIT部門の3000人以上の従業員の労働環境が大幅に改善される。

新しいITセンターは、BMWグループの研究開発センター(FIZ)の近隣に建設する。FIZでは、約8500人のエンジニアや各部門のスタッフ、数多くのサプライヤーが、未来の自動車やテクノロジーの研究・開発に携わっている。

IT部門のヘッド、カール=エリッヒ・プロブスト氏は「新しいセンターの建設により、スタッフやサプライヤーに最高の労働環境を提供するとともに、非常に現代的かつ柔軟性のあるオフィスおよびインフラが実現する。距離が近くなり、直接顔を合わせることでIT部門の業務スピードが向上し、個人およびチームの仕事に対してより良いサポートが提供されることになる」とコメントしている。

5万3000平方メートルの敷地はサッカー場7つ分に相当し、オフィス、最新の会議エリア、複数のレストラン、カフェテリアを収容する。さらに従業員用施設やラボ、テストエリア、トレーニングエリアといった専用施設も完備する。地上2階に加え、地下2階には駐車場、収納スペース、技術的施設、供給施設が収容される。

4階建てビルの建設の第1段階は、2008年初旬に開始する予定で、第2段階の、より大きな部分は2009年中頃に完成する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集