日系初、広州ホンダが中国で累計生産100万台を達成

自動車 ビジネス 企業動向

日系初、広州ホンダが中国で累計生産100万台を達成
  • 日系初、広州ホンダが中国で累計生産100万台を達成
  • 日系初、広州ホンダが中国で累計生産100万台を達成
ホンダの中国での四輪生産販売合弁会社である広州本田汽車有限公司(広州ホンダ)は、2月10日に累計生産台数100万台を達成したと発表した。

累計生産100万台は日系自動車メーカーでは広州ホンダが1番乗りとなった。

広州ホンダは1999年3月、『アコード』の生産を開始して以来、中国市場では生産されていなかった最新型のモデルを輸入車と同等の品質、輸入車に比べて安い価格で販売し、個人でも安心して購入できるセールス、アフターサービス、アフターパーツ、情報フィードバックの4つの機能を備えた販売網を構築してきた。

中国でのモータリゼーションの進展を背景にこうした取り組みが顧客から支持を受け、公用車が主流だった中国の自動車市場で、個人ユーザー市場を切り拓くパイオニアとなった。

以降、顧客のニーズに対応して『オデッセイ』、『フィット』、『シティ』を投入。2006年9月には環境対応などで世界最先端を行く第2工場、増城工場を稼動させ、生産能力も1999年当初の3万台から36万台に拡大した。

2006年の販売実績は26万台、前年比13%増を達成した。広州ホンダでは、今後は強化した供給体制を活かしながら、顧客のニーズにタイムリーに対応していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集