【デトロイトモーターショー07】2008年新型FordコンパクトSUVでPioneer製アップグレード版ナビゲーションを採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

Ford Escape, Mercury Mariner,そしてMazda Tributeでは同じプラットフォームと設計テーマが共有されているが、Fordは2008年モデルでそれを再設計しこれらのモデルで共通のアップグレードが行われる。ハイブリッド以外ではそれほど先進的な技術は見られない。過去のモデルにおいてEscapeとMarinerでハイブリッドに対応しているが、2008年Tributeもハイブリッド対応となった。Fordはさらに新型SUVでオプション対応としてPioneer製のナビゲーションソリューションを採用しており、この技術はほかのFordカーでも採用され既存販売機種にも搭載される。しかし、2000年のLAオートショウ以来販売されるMazda Tributeに搭載されるものとしては初のナビゲーションシステムである。さらに、2008年FordコンパクトSUVラインではオプションで超音波パークアシストシステムやダッシュボードのAUX端子などが搭載される。
《TRGニュース》

編集部おすすめのニュース

特集