ヤマハ セロー250S のカラーリングを変更

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ発動機は、250ccの空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを軽量・スリムなボディに搭載し優れたオフロード走行性を発揮するマウンテントレール『セロー250S』のカラーリング設定を変更し3月30日から発売すると発表した。

今回のセロー250Sのニューカラーは、躍動感があり市街地で映える新色「イエローイッシュグレーメタリック9」(バイオレット)を新たに設定した。 

標準モデルのセロー250は、大自然の風景に溶け込む人気の「パープリッシュホワイトソリッド1」(シロ/ミドリ)、服装を選ばずに乗れるストリート感覚の「ヤマハブラック」(ブラック)を継続設定とした。

セロー250Sの価格は48万3000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集