【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】スクエアな新鮮味

自動車 ニューモデル 新型車

【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】スクエアな新鮮味
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】スクエアな新鮮味
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】スクエアな新鮮味
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】スクエアな新鮮味
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】スクエアな新鮮味
スズキ『ワゴンR スティングレー』はフロントグリルのルーバーの表面にクリアカバーを被せたり、全車にディスチャージヘッドランプを標準装備し、立体感のあるヘッドライトを採用するなど、ディテールを見ても質感高く仕上げられている。

ワゴンRは歴代モデルで縦長のライトを採用してきたが、スティングレーではその殻を破って、初めて横長のヘッドライトを採用しているのも特徴だ。

他にはウインカー内蔵ドアミラーや、専用アルミホイールも装備されている。ただしリヤビューは、リヤはコンビランプをクリアタイプに変更している程度なので、ワゴンRとそう大きな違いはない。

担当デザイナーが意図したように、最近の軽自動車は丸みを帯びたデザインが多いので、ワゴンRスティングレーのスクエアなデザインは、けっこう新鮮に見える。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集