【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】ワゴンR 初のヨコ長フェイス

自動車 ニューモデル 新型車

【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】ワゴンR 初のヨコ長フェイス
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】ワゴンR 初のヨコ長フェイス
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】ワゴンR 初のヨコ長フェイス
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】ワゴンR 初のヨコ長フェイス
  • 【スズキ ワゴンR スティングレー 発表】ワゴンR 初のヨコ長フェイス
スズキ『ワゴンR』の派生車種として登場した『ワゴンR スティングレー』の最大の特徴は、ベースのワゴンRのイメージをガラリと変えたフロントマスクだ。

ワゴンR スティングレーのデザインを担当した、デザイン部の宮澤貴司さんは「このクルマでは、Aピラーから前のボンネットフードやバンパー、グリル、ヘッドライトといった多くのエクステリアパーツを変更することで、標準のワゴンRよりも、クールで精悍なイメージに仕上げています」

「また、ボンネットの位置も標準車に対して60mmも上げていますし、立体感のあるフロントバンパーを採用しているので、軽自動車とは思えないほどの、強い押し出し感を表現できたと思います。最近は丸っこい軽自動車が増えてきているので、四角いクルマは逆にインパクトがあると思い、このデザインを採用しました」とコメント。

スティングレーのフロントマスクは、非常に厚みがあり、力強さを感じることができる。全体的な印象としては、トヨタ『bB』をひと回りコンパクトにしたような感じだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集