【トヨタ ブレイド発表】120%の70%…2.4リットルエンジン

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ブレイド発表】120%の70%…2.4リットルエンジン
  • 【トヨタ ブレイド発表】120%の70%…2.4リットルエンジン
  • 【トヨタ ブレイド発表】120%の70%…2.4リットルエンジン
  • 【トヨタ ブレイド発表】120%の70%…2.4リットルエンジン
  • 【トヨタ ブレイド発表】120%の70%…2.4リットルエンジン
トヨタの新型ハッチバック『ブレイド』のボディは、先日発売された『オーリス』と共用しているが、エンジンは排気量が大幅に拡大された、2.4リットルの直4エンジンが搭載されている。

ブレイドのチーフエンジニアを務めた商品企画本部金森善彦さんは「ブレイドは、ゆとりある走りを提供するために、この車両サイズとしては贅沢な2.4リットルを搭載しました。これはエスティマなどに搭載されている、エンジン&CVTと同じものです」

「同じセグメントにあるマツダ『アクセラ』も2.3リットルを搭載しています。アクセラは比較的スポーティな方向に振っていると思いますが、ブレイドは速く走るというよりも、余裕を持って走るための2.4リットルだと考えています」

「サイズに対して120%の動力性能を持ちながら、普段はそのうちの70%で走るといった感じでしょうか。この余裕の動力性能も、ブレイドの大きなアピールポイントだと思っています」とコメント。

車両重量が1400kg程度で、このサイズのハッチバックに2.4リットルを積めば、余裕のある走りが可能だろう。さらに価格もオーリスの1.8リットルと比べても、20万円程度しか高くなっていない。このパワートレーンは、ブレイドの最大のアピールポイントとなりそうだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集