ライコネン、順調なフェラーリデビュー

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

バレルンガ・サーキットでフェラーリドライバーとして初めてのテストに臨んだキミ・ライコネン。

フェラーリの2006年型マシン「248F1」で39ラップをカバーしたライコネンは、「本当はドライでもっと走りたかったけれど、マシンの第一印象はかなりいい。すばらしいね。少し緊張したけれど、再びF1マシンに戻れて嬉しい」と初日の感想を語った。 

同じサーキットではチームメイトであるフェリペ・マッサがニューマシン「F2007」をテスト。こちらは74ラップを走り、ライコネンのタイム(1分15秒226)を上回る1分14秒493をマークしている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集