【パリダカ07】SS4309km、総走行距離7915km

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2007年ダカールラリーは21日、セネガルのダカール郊外で全行程を終了した。4輪部門はチーム・レプソル三菱ラリーアートから出場のペテランセルが総合優勝。2位にアルファンが続き、三菱自動車チームは1-2フィニッシュを飾った。

三菱自動車チームは、自らが持つ大会記録を更新、7年連続・12回目の総合優勝。総合3位にはシュレッサーが入った。三菱の増岡は5位でフィニッシュ。カミオン(トラック)部門はステイシーが優勝、菅原照仁が9位で日本人最高位、排気量10リットル以下でクラス優勝。2輪部門はデプレが優勝、日本人最高位は124位の大橋輝之だった。

大会16日目・最終日は午前7時15分に2輪部門の最下位のライダーからダカールの最終ビバークを出発。三菱自動車チームの『パジェロエボリューション』4台は、ペテランセル、アルファン、増岡、ロマという総合成績の順でランデブー走行を見せた。

2007年ダカールラリーで完走を果たした競技車両は、4輪部門109台(出走185台)、2輪部門132台(同247台、4輪クワドバギー含む)、カミオン(トラック)部門59台(同85台)、合計300台(同517台)。完走率は全体で58%(4輪部門では59%)と、ダカールラリーとしては高い水準の大会となった。

SS走行距離合計:4309km
総走行距離:7915km

●4輪部門
総合順位:ドライバー(車両)/タイム
1:ペテランセル(三菱パジェロエボリューション) 45時間53分37秒
2:アルファン(三菱パジェロエボリューション) 7分26秒
3:シュレッサー(シュレッサー・フォード) 1時間33分57秒
6:増岡浩(三菱パジェロエボリューション) 2時間44分31秒
25:三橋淳(トヨタ・ランドクルーザー) 14時間30分49秒
40:山田周生(トヨタ・ランドクルーザー) 18時間52分28秒
59:篠塚建次郎(日産パスファインダー) 28時間37分59秒
68:片山右京(トヨタ・ランドクルーザー) 33時間00分33秒

●カミオン(トラック)部門
順位:ドライバー(車両)/タイム
1:ステイシー(マン) 54時間03分05秒
9:菅原照仁(日野) 11時間02分42
13:菅原義正(日野) 12時間32分45

●2輪部門
順位:ライダー(車両)/タイム
1:デプレ(KTM) 51時間36分53秒
124:大橋輝之(ヤマハ) 44時間08分46秒
126:桐島ローランド(ヤマハ) 44時間53分19秒

※1位のタイムはSS合計所要時間とペナルティの合計
※2位以下のタイムはトップとの差
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集