三菱自動車、FFVの2007年度中にブラジル市場に投入を発表

エコカー 燃費

三菱自動車は、ガソリン、エタノール及びそれらの混合燃料で走行可能なフレキシブル・フューエル・ビークル(FFV)を、ブラジル現地の生産・販売会社MMC Automotores do Brasil Ltda.(MMCB)とともに、ブラジル市場に2007年度中に投入することを決定したと発表した。

同社は、環境対応技術の中核となる次世代電気自動車「MiEV(ミーブ、ミツビシ・イノベーティブ・エレクトリック・ビークル)」や次世代ディーゼルエンジンを開発中だが、南米を中心に需要が拡大しているFFVを開発・市場投入する方針だ。FFVの浸透を政府が進めている米国市場向けにも、2009年度中のFFV実用化を目指して開発中としている。

FFVはサトウキビなどから抽出されるエタノールを燃料とするが、サトウキビが光合成によって大気中の二酸化炭素を吸収し、燃料として使用されても吸収した二酸化炭素を排出するため、二酸化炭素総量が変動しないため、環境に優しい自動車として今後の普及が見込まれている。

今回のFFVシステムは、排出ガスの濃度を測定するセンサーを排気系に装備することにより、燃料中のエタノール比率を推定し、エタノール比率0〜100%の混合燃料への対応を可能としながら、動力性能や環境性能(燃費、排出ガス)の面でもガソリン車と同等レベルを実現している。

FFVはGM、フォードなどが市場投入しているが、日系自動車メーカーでは、トヨタ自動車とホンダが市場投入する計画を打ち出している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集