【パリダカ07】レグ9…マラソンステージで三菱勢が逆転

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【パリダカ07】レグ9…マラソンステージで三菱勢が逆転
  • 【パリダカ07】レグ9…マラソンステージで三菱勢が逆転
  • 【パリダカ07】レグ9…マラソンステージで三菱勢が逆転
  • 【パリダカ07】レグ9…マラソンステージで三菱勢が逆転
2007年ダカールラリーは15日に第9レグを開催し、モーリタニアのティシットからネマまで497km、SS(競技区間)494kmを走行。SS3位のペテランセル(三菱)が逆転、総合首位に浮上した。

前日まで首位を走っていたドゥビリエ(VW)がエンジントラブルでリーダーから陥落、僚友のサインツも電気系トラブル。中盤までトップ3を独占し続けたVWチームは、優勝の望みが薄くなった。

代わって三菱はアルファンもポジションをひとつ上げ2位となり1-2体制。前日に8位に後退していた増岡浩は、2本のパンクを喫しながらも5位まで挽回。

この第9レグは、前夜のティシットでのビバークでメカニックによるサービスが実施されていないマラソンステージの2日目。前日に今大会最長589kmのステージをこなした競技車両は、車載工具とスペアパーツだけによるクルー自らの整備だけで再びロングステージに臨んだ。

三菱自動車のモータースポーツ統括会社MMSPの鳥居勲社長は「素晴らしい戦いを我々と演じてきたVWチームは気の毒だが、この厳しさがダカールラリー。ライバルに起きたことは、我々にも起こり得る。ここまでトラブルのなかった者はおらず、トラブルを最小限に抑えた者が上位にとどまっている。ミーティングでは『後半戦も自信を持って戦ってほしい』と話した」


15日、第9レグ
ティシット−ネマ(モーリタニア)
SS9:494km/SS走行距離合計:3049.73km
第9レグ総走行距離:497km/総走行距離:5630.8km

順位:ドライバー(車両)/タイム
1:ペテランセル(三菱パジェロエボリューション) 33時間43分23秒
2:アルファン(三菱パジェロエボリューション) 7分50秒
3:シュレッサー(シュレッサー・フォード) 1時間25分32秒
5:増岡浩(三菱パジェロエボリューション) 2時間13分44秒
23:三橋淳(トヨタ・ランドクルーザー) 11時間17分12秒
38:山田周生(トヨタ・ランドクルーザー) 15時間03分33秒
64:篠塚建次郎(日産パスファインダー) 24時間39分49秒
65:片山右京(トヨタ・ランドクルーザー) 24時間52分04秒
※1位のタイムはSS合計所要時間とペナルティの合計
※2位以下のタイムはトップとの差

SS9順位
1:シュレッサー(シュレッサー・フォード) 5時間32分03秒
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集