【日産 スカイライン 新型発表】古い革袋に新しい酒…下半期の牽引車

自動車 テクノロジー ネット

日産自動車は2006年11月20日、スポーティセダン『スカイライン』をフルモデルチェンジした。旧型モデルと同様、スカイラインは日本市場専用の名称で、アメリカ、韓国などでは高級車チャネル、インフィニティ向けのミドルクラス『G35』として販売される。

日産は今年、日欧米の3大市場で販売台数を大きく落としている。今期の中間決算発表の席上、カルロス・ゴーン社長は「新型車の端境期だったために販売減になったのであって、予想していたこと。新型車が投入されれば回復する」と語っていた。スカイラインはその日産の販売台数、ブランドイメージの復調を占ううえで、重要な意味合いを持つモデルだ。

エンジン、ボディシェルなど主要コンポーネンツを一新する一方、エクステリアのデザインテイスト、クルマ作りの基本コンセプトは旧型モデルの思想を継承。

駆動方式はRWD(後輪駆動)およびそれをベースとするAWD(全輪駆動)。ボディの重量配分を最適化するため、エンジンの重心を前輪軸より後方に配置させるフロントミッドシップ方式も引き続き採用している。レーダーを使用したインテリジェントクルーズコントロールをはじめ、先進装備も大幅にアップデートされている。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
スカイラインの見積りを今すぐ取り寄せる。
気になるライバルの見積りも同時にとれます。
●新車の見積りのトップページはこちらから
●新車見積りトップページのURLをメールで送る。

 今のクルマを新車購入資金に ユーザーアシスタンス
無料愛車査定サービスはこちらから。
●無料愛車査定サービスのURLをメールで送る。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集