【改善対策】 三菱 ミニカ のパワステが重い

エコカー 燃費
三菱自動車は7日、『ミニカ』のパワーステアリングギアボックスに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

06年の5月から8月までに生産された5800台が対象。パワーステアリングギアボックス内のラックバーの組み付け作業が不適切なため、ギアボックス内のオイルシールを損傷させたものがある。

そのまま使用を続けると損傷が進行し、オイルが漏れて、最悪の場合、ハンドルの操作力が増大する恐れがある。
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース