ETCの普及 利用状況---減少

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

国土交通省道路局が、11月17日−11月23日のETCの普及・利用状況の速報を発表した。それによると、全国の1日あたりの平均利用率は63.9%だった。前週よりも0.6%減少した。

道路事業者別にみると
●首都高速道路:71.7% 前週比:−0.6%
●中日本高速道路:66.5% 前週比:−0.5%
●阪神高速道路:65.3% 前週比:−0.7%
●本州四国連絡高速道路:64.0% 前週比:−0.2%
●東日本高速道路:60.8% 前週比:−0.3%
●西日本高速道路:60.1% 前週比:−0.7%

阪神高速道路の−0.7%を筆頭に、全ての高速道路事業者が−0.2%−−0.7%の間で、利用率を減少させている。1日あたりの総通行台数は、前週が約765万台に対して、今週は約756万台で、その差はマイナス9万台だった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集