大矢アキオ『喰いすぎ注意』…邪道スパゲッティの誘惑

自動車 社会 社会

1
どこでもスパゲッティ

外国の屋外カーイベントでイタリア人を見つけるのは簡単だ。まずは周囲に響き渡るデカい声で話しているから。もうひとつは昼になるとトランクから鍋とキャンプ用のバーナーを下ろして、あたり構わずパスタを茹で始めるからである。

いっぽう、この秋トリノで行なわれたランチア創業100周年イベントでは、こんなことがあった。オーストラリアからやってきた参加者に英語でインタビューしようとすると、そのおじさん、「オレはホントはスパゲットーネだよ」とイタリア語で返してきた。

Spaghettoneとは「スパゲッティ男」の意味だ。聞けば、おじさんは若い頃メルボルンに移民した元ナポリ人だった。今回は、今も昔もイタリア人と切っても切り離せないパスタであるスパゲッティにまつわる、あれこれである。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集