メルセデスベンツ ビアノ 改め Vクラス に

自動車 ニューモデル 新型車

ダイムラークライスラー日本は、マルチパーパスビークルのメルセデスベンツ『ビアノ』の名称を『Vクラス』に変更するとともに、エンジン排気量を拡大して販売を開始した。

Vクラスは「V350トレンド」、「V350アンビエンテ」、「V350アンビエンテ・ロング」を設定した。エンジンは従来の3.2リットルV6エンジンに代えて、最高出力231PS、最大トルク35.2kgmを発揮する3.7リッターV6エンジンを搭載し、走行性能を高めた。

装備では、各モデルとも17インチ6スポークアルミホイールやプレイバシーガラス(2・3列目サイドウインドウ、リアウインドウ)を装備するとともに、発進時や低速走行時に車両前方の死角部分をルームミラー内のモニターで表示する助手席ドアミラー内臓サイドビューカメラを標準装備した。

V350トレンドは、室内はファブリックと人口皮革のコンビネーションを用いたシートを採用、オプションで電動デュアルスライディングドア、パークトロニックなどを装備したラグジュアリーパッケージを設定した。

価格はV350トレンドが430万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集