【インプレ'06】日下部保雄 トヨタ『エスティマ』 バランスよし

試乗記 国産車

【インプレ'06】日下部保雄 トヨタ『エスティマ』 バランスよし
  • 【インプレ'06】日下部保雄 トヨタ『エスティマ』 バランスよし
スタイリシュミニバンの先鋒を切ったモデル。ハイブリットの登場でラインアップは充実した。

ベースモデルの2.4リッター車もじゅうぶんな走りをするが、3.5リッターのV6はパワフルのひとことで、スポーツモデル並みのパフォーマンスを発揮する。これだけのパフォーマンスではFFよりもAWDが必要とされるだろう。

新しいハイブリットも従来のハイブリットからシステム変更してTHS-IIになり、よりパワフルに、そして燃費の向上を図った。確かに速くなって、走りもスムースに。

ただモーター駆動用バッテリーが前席を2分する形で置かれているために、ウォークスルーはできなくなってしまった。その代わり、2列目のロングスライドシートはリムジン的な使い方ができるし、3列目シートが床下に収納できるようになったので、積載に関しては圧倒的に便利になっている。

高い静粛性とフラットな乗り心地、快適装備などトヨタのミニバンは使いやすく、よくできている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

編集部おすすめのニュース

特集