トヨタ−いすゞの共同開発ディーゼルは09年投入

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車と業務・資本提携したいすゞ自動車の井田義則社長は、ディーゼルエンジンの共同開発について、商品化までには「最短で3年程度を要す」と述べた。両社の開発プロジェクトは今月内に副社長クラスをトップとして立ち上げる計画。

順調に進めば2009年にはトヨタ車に共同開発エンジンが搭載される。いすゞの乗用車系ディーゼルは、かつてホンダにも供給していた直列4気筒1.7リットルを最小に、大きいものではSUVやピックアップ向けのV型8気筒の6.6リットルまである。

トラック専業だが、かつては乗用車も手掛けていたので幅広い技術ノウハウを蓄積、トヨタもそこに着目した。トヨタとの共同開発では1.5リットルから3リットル級のエンジンが中心になる見込み。コモンレール式の燃料噴射装置はデンソーが供給するなどトヨタグループ各社も開発に参画する。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集