三菱商事、いすゞ株式6000万株をトヨタへ売却

自動車 ビジネス 企業動向
三菱商事は、保有するいすゞ自動車の株式のうち、6000万株をトヨタ自動車に売却すると発表した。

いすゞとトヨタが、資本・業務提携することで合意したため。三菱商事では、いすゞからトヨタへの売却依頼を受けたが、提携によっていすゞの企業価値が向上し、いすゞの経営安定化に結びつくと判断し、売却を決定した。

トヨタへの売却で、三菱商事の保有するいすゞ株式は、156億4900万株となる。三菱商事はいすゞの事業パートナーとして引き続き海外市場で拡販を目指すとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集