軽自動車販売、ダイハツが3カ月連続でトップ…10月

自動車 ビジネス 企業動向

軽自動車販売、ダイハツが3カ月連続でトップ…10月
  • 軽自動車販売、ダイハツが3カ月連続でトップ…10月
全国軽自動車協会連合会が発表した10月のブランド別軽自動車販売台数によると、ダイハツが前年同月比4.8%減となりながらも4万6444台で、スズキを抜いて3カ月連続でトップとなった。

スズキは小型車の生産を優先するため、軽自動車を減産しており、同9.3%減の4万4355台にとどまった。1月からの累計では、スズキの52万285台に対してダイハツは50万5312台と、1万7000台差にまで追い上げてきている。

三菱自は『eKワゴン』が好調で同43.4%増の1万2869台だった。スバルも『ステラ』が好調で同17.8%増の1万293台だった。

『ゼスト』が好調だったホンダは同1.5%減の1万8049台と息切れ。日産は『モコ』の新車効果で同54.2%増の1万2361台となり、台数でスバルを抜いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集