レクサス IS に装備充実モデルを追加設定

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車は、レクサス『IS』に新仕様・新外板色を追加し、11月1日から販売開始した。

今回は、「IS250」と「IS350」に、専用のシート、専用色の本木目パネルなどを採用し、室内の質感を高めるとともに、電動チルト&テレスコピックステアリングなどを標準装備した「version I」を新設定した。また、全車に新外板色シェルマイカメタリックを追加した。

version Iは、専用シート(ヌバック調ファブリック&本革/運転席・助手席ヒーター付)、本木目パネル(バーズアイメイプル/ライトブラウン)、本木目+本革シフトノブ(バーズアイメイプル/ライトブラウン)、電動チルト&テレスコピックステアリング、ステンレス製スカッフプレート(照明付)を採用、装備を充実したモデル。

価格はIS250のFRが415万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集