【BMW 3シリーズクーペ 新型発表】専用デザイン

自動車 ニューモデル 新型車
【BMW 3シリーズクーペ 新型発表】専用デザイン
  • 【BMW 3シリーズクーペ 新型発表】専用デザイン
  • 【BMW 3シリーズクーペ 新型発表】専用デザイン
  • 【BMW 3シリーズクーペ 新型発表】専用デザイン
  • 【BMW 3シリーズクーペ 新型発表】専用デザイン
  • 【BMW 3シリーズクーペ 新型発表】専用デザイン
BMW『3シリーズ・クーペ』のボディパネルはクーペ専用だ。3シリーズとしてのデザインアイデンティティは共有しながら、セダンと共用しているボディパネルは一枚もない。エクステリアの共通部品はサイドマーカーとBMWのオーナメントのみだ。

ボディパネルをクーペ専用部品にすることにより、妥協のない高い完成度の美しいクーペが完成した。

キドニーグリルはセダンより低く、ノーズを長く、フロントの視覚的重心も低く見せる。グリル上辺のモールディングもバンパー側につく。ヘッドランプ内側はより鋭角になり、シャープな印象を与える。

ベルトラインはフロントからリアまで途切れることなく流れる。キャラクターラインは、面の張りを見せ、緩やかに上昇しウェッジシェイプを際立たせる。サイドシルラインも上昇し、駆動輪のリアホイールを強調。全高はセダンより50mm低い。

リアの水平ラインは、ワイド感と安定感を強める。横長のリアランプは、テールを低くワイドに見せている。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース