【インプレ'05】ピーターライオン レクサス『IS』 スポーツセダンとして研ぎ澄まされた感覚

試乗記 国産車

【インプレ'05】ピーターライオン レクサス『IS』 スポーツセダンとして研ぎ澄まされた感覚
  • 【インプレ'05】ピーターライオン レクサス『IS』 スポーツセダンとして研ぎ澄まされた感覚
これは間違いなく、現時点でのレクサス・ラインアップの傑作といえるだろう。世界での総合評価も高いし、ボクもけっこう気に入っている。デザインがシャープで無駄がなく、『GS』よりカッコいいけど、もう少し冒険して欲しかった。

乗り込んでみると、メーターなどの意匠、トリムやダッシュボードの質感などに非常にクオリティ感がある。シートはじゅうぶんな硬さがあって、サポート性に優れている。またパドルやスイッチを操作すると適度なタッチ、重みから、高級感を感じることができる。

ところが、『IS』もGSと同様で後部席のヘッドルームがなぜか不足している。3.5リッターと2.5リッターの2種類があるが、おもしろいことに250のほうが好ましいと思った。215psはじゅうぶんのパワー特性だし、6速ATはパドルを通して変速すると非常に気持ちがいい。

コーナリング性能についても、どのライバルよりも高くて、ニュートラルなステアリング特性の持ち主だ。乗り心地も、硬めだけど快適な印象だった。だた、プライスタグが少し高めなのが気になるところだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


ピーター ライオン|モータージャーナリスト/コラムニスト
60年豪州生まれ。88年から東京を拠点に自動車評論活動を始める。現在、米・英・独・伊・豪・日本など10か国の有力誌に寄稿。(日本)COTY、(米)カー&ドライバー誌「10ベスト賞」、ワールドCOTY賞、国際エンジン賞、各選考委員を務めている。
《ピーター・ライオン Peter Lyon》

特集