【マツダ ロードスター RHT】足まわりを専用にチューニング

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ ロードスター RHT】足まわりを専用にチューニング
  • 【マツダ ロードスター RHT】足まわりを専用にチューニング
  • 【マツダ ロードスター RHT】足まわりを専用にチューニング
  • 【マツダ ロードスター RHT】足まわりを専用にチューニング
  • 【マツダ ロードスター RHT】足まわりを専用にチューニング
  • 【マツダ ロードスター RHT】足まわりを専用にチューニング
マツダ『ロードスター』に追加された「パワーリトラクタブルハードトップ」(RHT)のサスペンションは専用チューニングが施されている。

ロードスターの開発主査を務めた貴島孝雄さんは「パワーリトラクタブルハードトップの前後重量バランスは、モーターの搭載などでソフトトップ仕様から多少変化していますが、50対50に近い数値をマークすることができました」

「また足まわりに関しても、ルーフを閉めているときには重心が高くなりますので、スプリングやダンパー、スタビライザーなどはパワーリトラクタブルハードトップ専用にチューニングしています」

「ボディのフロア部分はソフトトップ仕様と共通ですが、ルーフが納まる部分にある補強部材は後方に移動させています。そうすることで、オープン時にもソフトトップ仕様と同等のボディ剛性を確保することができました。パワーリトラクタブルハードトップになっても、ロードスターならではの人馬一体の走りは損なわれていません」という。

パワーリトラクタブルハードトップの搭載によって発生する、重量増加や重心の変化にも対応した足まわりを用意するあたりは、マツダらしい取り組みといえるだろう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集