【マツダ ロードスター RHT】トランクスペースを犠牲にしない電動ルーフ

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ ロードスター RHT】トランクスペースを犠牲にしない電動ルーフ
  • 【マツダ ロードスター RHT】トランクスペースを犠牲にしない電動ルーフ
マツダは、『ロードスター』に、トランクスペースを全く犠牲にしない画期的な電動ルーフシステムを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ」(RHT)モデルを追加し、23日から販売開始した。

マツダ独自の電動ルーフシステムのパワーリトラクタブルハードトップは、ロードスターならではの「人馬一体」の走る歓びと、オープンスポーツカーとしての、より一層の快適性を高次元での両立を目指した。操作しやすい電動開閉システムを備えた軽量のハードトップを組み込みながら、ソフトトップモデル同様にルーフをホイールベース間のシートバックスペースに収納するという世界初の構造を採用した。

ボディカラーは新色の「ストーミーブルーマイカ」と、既存のカラー体系から「カッパーレッドマイカ」、「トゥルーレッド」、「ギャラクシーグレーマイカ」、「サンライトシルバーメタリック」、「ブリリアントブラック」の計6色が選択可能。

また、パッケージオプションとして、日本刀のような美しい輝きを放つ17インチ高輝度塗装アルミホイールをキーアイテムとした「プレミアムパッケージ」をRS RHT、VS RHT(6AT)に設定した。

価格はロードスターRHTの6ATが250万円
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集