三菱自動車、インドに新規車種投入

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は17日に、インドにおける同社のビジネスパートナーであるHindustan Motors Limitedにて、『モンテロ』(日本名『パジェロ』)を新規に投入することを発表した。モンテロは完成車が輸入され、HML社の販売網(37店舗)を通じて販売される。

HMLは、1998年より『ランサー』の生産を開始し、現在ランサー、『ランサー・セディア』、パジェロを生産・販売している。

これに続き三菱は、2006年度中に『アウトランダー』などの新型車をインド市場に投入する予定だ。BRICsの一つであるインド市場において車種拡充を行ない、インド事業の強化を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集