ボルボ S60 シリーズを改良

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ・カーズ・ジャパンは、4ドアスポーティサルーンのボルボ『S60』シリーズを改良して発売開始した。

今回の改良では、新形状のフロントグリルやフロントバンパー、フロントスポイラーを採用してフェイスリフトを施した。走行性能の向上とスポーティな走りを実現するため、フロント及びリアのショックアブソーバー、スプリングを改良し、シャシーセッティングも変更、ロール剛性を25%向上した。

内装では、専用デュアルトーンカラーの本革スポーツシートとアルミニウムべゼル付メーターパネルなどを組み合わせた「スポーツ・インテリア・パッケージ」を新たに設定した。

また、世界初の死角情報提供システムの「ブラインド・スポット・インフォメーション・システム」を日本市場向けに初めて「R」モデルに搭載した。

ボディカラーでは、新色「エレクトリックシルバーメタリック」「メープルレッドパール」「オリノコブルーパール」を加えた全16色を設定した。

価格は359万−691万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集