【インプレ'05】河村康彦 レクサス『GS』 先進デバイスを融合した現代版ドライバーズカー

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 レクサス『GS』 先進デバイスを融合した現代版ドライバーズカー
  • 【インプレ'05】河村康彦 レクサス『GS』 先進デバイスを融合した現代版ドライバーズカー
余裕の全長と全幅の持ち主ながら、歴代『アリスト』の雰囲気を受け継ぐクーペ風ルーフラインのお陰もあって、そのキャビンのパッケージング手法は明らかに「前席優先」型。もちろん、後席空間にもそれなりの余裕は用意されるが、前席に比べれば閉塞感がだいぶ強い。

というわけで、パーソナルカーとしては問題ないけれど“ショーファー・ドリブン”として適しているとはいえないのがこのクルマのデザイン。

さまざまな電子デバイスから成る『GS』430のVDIMは、不安定挙動を巧みに抑え込んでいることをサーキット走行で確認。ただし、元を辿れば『クラウン』ベースのシャシーに1.7トンという組み合わせはもはや余裕が少ない。このカテゴリーのモデルで19インチのシューズが用意をされないのも、ちょっと時代遅れの感否めず。

エンジンは新開発の6気筒ユニットのほうが魅力的。8気筒は確かにスムーズだが、パワー感に不満あり…。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集