【インプレ'05】河村康彦 シトロエン『C4』 いまに息づくシトロエンらしさ

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 シトロエン『C4』 いまに息づくシトロエンらしさ
  • 【インプレ'05】河村康彦 シトロエン『C4』 いまに息づくシトロエンらしさ
『シトロエン』とくれば「奇抜なデザイン」を期待する人にとって待望であるはずの一台。1.8mに近い全幅と「巨大!」といいたくなるほどの3ドアモデルのドアの大きさは日本での使い勝手を確実に低下させるが、いざキャビンに乗り込めばダッシュボード上の“ポン付け”風のメーターがまたまたマニアを喜ばせてくれそう。

「芳香剤を標準装備」はちょっとやり過ぎの気もするけれど、世間一般の常識を理解しつつも往年のシトロエンらしさを彷彿とさせるというビミョーなライン上を巧みに歩いているというのがエクステリア/インテリアの全体的なデザインの印象だ。

走り出せば4輪の接地感はつねに色濃く、何ともストローク感のタップリとしたフットワークテイストがなかなかに優秀。いっぽう1.6リッターモデルはもとより2リッターモデルでも何となくトルク感が希薄というのは、「ディーゼルが主役」というフランスという国生まれのモデルゆえの感覚か…。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集