【インプレ'05】河村康彦 ホンダ『ステップワゴン』 生活車として納得の低床パッケージング

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 ホンダ『ステップワゴン』 生活車として納得の低床パッケージング
  • 【インプレ'05】河村康彦 ホンダ『ステップワゴン』 生活車として納得の低床パッケージング
「“食洗機”や“無洗米”のように主婦の役に立つクルマにしたかった」というコンセプトにはちょっと引っかかるところもあるし、せっかく2代のモデルが築いてきた「ステップワゴンらしさ」が見た目上からすっかり消滅をしてしまったのもちょっと残念。

が、5ナンバーサイズの枠の中で最大限のスペース効率を探りつつ、可能な限り低床/低全高を実現したかったという開発の姿勢には共感しごく。

そんな“低重心デザイン”も効いてか確かに背の高いミニバン特有の走りの不安定感は殆ど皆無。前面投影面積が小さくなるので大半のエネルギーを「空気を切り裂く」ために使う高速走行時の燃費に優れるのも当然の理屈だ。

ミニバンとはいってもひとり、もしくは2人乗りが大半という使い方ならば2リッターモデルでも加速性能は何とか及第点。逆に、多人数乗車の頻度が高いか4WDが必須というならば、ちょっとムリをしてでも2.4リッターモデルがオススメ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集