人形がアパレル専属モデル…バンダイによるライフスタイル提案

自動車 ニューモデル 新型車

人形がアパレル専属モデル…バンダイによるライフスタイル提案
  • 人形がアパレル専属モデル…バンダイによるライフスタイル提案
バンダイは、バンダイのアパレル専属ドールモデルとして、ファッションドール『桜奈』(Sakurana、さくらな)を発売する。20歳代−30歳代女性をターゲットに、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する。

桜奈は、ドール界の主流である1/6スケール(約29cm)の人形と、人形専用の洋服・小物がセットになった商品。秋より発売するシリーズ第1弾『桜奈1st .』の価格は1万3440円。販売ルートはウェブ通販および一部玩具店。

ドール本体のデザインは、ドールのカスタマイズに定評のあるクリエイターユニット「UNIVERSAL POOYAN」が担当した。設定は「20歳のファッショナブルな女性」。リアルな顔の表情と、自然なポージングが可能な関節、そして本物のような細部にまでこだわった専用の服や小物が特徴だ。人間に近いポージングが可能となったことで、ドールが着用する服も実際の人間が着用するものと違わない縫製で商品化された。

バンダイでは桜奈を「バンダイアパレルの専属モデル」と位置づけ、着せ替え人形としての販売はもちろん、桜奈の過ごす世界の衣食住をファッショナブルに表現したジオラマの展示や、1/1サイズのアパレルの販売などを通して、20−30代の女性が共感できるおしゃれなライフスタイルを提案していく。

他企業や他ブランドとのコラボレーションも推進しており、商品第1弾となる桜奈1st.は、バンダイが展開するサーフブランド「RealBvoice」とのコラボレーション。社外では三菱自動車の軽自動車『i』(アイ)とのコラボレーションが決定している。

桜奈1st.の発売に先がけ、8月25日−27日には東京原宿の展示スペース「LAPNET SHIP」にて、様々なジャンルのアーティストやクリエイターとのコラボレーションによる桜奈単独の展示会『Hello! my name is SAKURANA』を開催予定だ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集