【インプレ'05】松下宏 レクサス『IS』 欧州車と比肩する動力性能をもちつつも…

試乗記 国産車

【インプレ'05】松下宏 レクサス『IS』 欧州車と比肩する動力性能をもちつつも…
  • 【インプレ'05】松下宏 レクサス『IS』 欧州車と比肩する動力性能をもちつつも…
『IS』350に搭載されるV6・3.5リッターエンジンの動力性能は相当なもの。300psを超えるパワーは世界の同クラスのエンジンを見渡しても最高水準にあるものだ。2類のポートを持つ直噴エンジンのよさが端的に動力性能に表れている。

IS350は車両重量も1600kgに達しているが、そんな重さをまったく感じさせずにボディを軽々と引っ張っていく。文字通り胸のすく加速感が味わえる。比較的短いホイールベースのため、回頭性にも優れており、ワインディングなどを走るのが本当に楽しいセダンである。

欲をいえばステアリングのフィールやブレーキの効き味などにもう一段のリニアリティが欲しいところ。競合車となるBMW『3シリーズ』などは、こうしたシャシー性能で高いレベルに達しており、真っ向から勝負するとISにとって荷が重いと感じさせる部分がある。価格差も含めれば魅力は逆転するくらいだが、性能でも素直に上回って欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集