三菱自動車、スペイン子会社の株式の一部を三菱商事子会社へ売却

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は、スペインの子会社の販売会社の株式の一部売却を完了したと発表した。これで販売子会社は、子会社から持分法適用会社となる。

三菱自が株式を売却したのは子会社は75%出資するMMCオートモービル・エスパーニャS.A。売却先は三菱商事のオランダの子会社MCオートモービル・ヨーロッパN.V.で、50%分の株式を売却した。売却価格は2150万ユーロ(約30億円)。

三菱自では、欧州での経営資源最適配分の観点から、スペインの販売会社の経営については、三菱商事に委託し、収益構造の改善を図り、スペインの販売会社事業を強化するため、株式を売却した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集