【インプレ'05】松下宏 マツダ『ロードスター』 運転することを意識させられる一台

試乗記 国産車

【インプレ'05】松下宏 マツダ『ロードスター』 運転することを意識させられる一台
  • 【インプレ'05】松下宏 マツダ『ロードスター』 運転することを意識させられる一台
乗降時に窮屈さを感じるくらいにタイトな感覚のコクピットに乗り込むと、さあ走りを楽しもうという気持ちにさせられる。そんないかにもスポーツカーらしい仕上がりを感じさせるのが『ロードスター』だ。

搭載される2リッターエンジンは排気音の大きさが気になるものの、吹き上がりのスムーズさ、パワーフィールとも上々のレベル。アクセルワークにリニアに反応する気持ちよさがある。

スポーツカーらしさをより強く感じさせるのはシャシー性能だ。まずシャシーを支えるボディがオープンカーとしては高い剛性を備えるものに仕上げられていて、しっかりした感じの乗り味を感じさせる。サスの設定は相当に硬めでコーナーではロールを抑えた安定感のある走りが可能。

さらにステアリングのフィールはシャープな切れ味を持ったダイレクト感のあるもので、まさに操る楽しさを満喫できる。運転することの楽しさを教えてくれるクルマである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集