【インプレ'05】松下宏 シトロエン『C4』 和みのある趣が最大の個性

試乗記 国産車

【インプレ'05】松下宏 シトロエン『C4』 和みのある趣が最大の個性
  • 【インプレ'05】松下宏 シトロエン『C4』 和みのある趣が最大の個性
外観・内装ともシトロエンらしい個性的なデザインを持つ。センターに位置するシースルーのメーターパネルなどが際立って特徴的だ。運転席に座っただけで、何となく心がなごんでくるようなクルマだ。

室内空間が広々としているのは、ボディサイズが拡大された結果なのでとくにほめられたものではないが、ゆったりした空間があるのは間違いない。

1.6Lリッターエンジンは平均的な実力で、ボディに対して必要じゅうぶんな印象。スポーティではないが、タウンユースを想定したシーンではストレスのない走りを実現する。アップダウンの多いシーンになるともう少しパワーが欲しいという印象だ。

まあスポーティさを求めるなら2リッターエンジンの搭載車を選べばいい。こちらは常用域で扱いやすいフレキシブルな実力を発揮する。どちらもATが4速なのはちょっと不満。シーケンシャル付きだから余計にそう思わされる。足まわりはシトロエンらしい柔らかさだが、こちらも油圧式が欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集