【インプレ'05】日下部保雄 マツダ『ロードスター』 質感アップを果たした出来

試乗記 国産車

【インプレ'05】日下部保雄 マツダ『ロードスター』 質感アップを果たした出来
  • 【インプレ'05】日下部保雄 マツダ『ロードスター』 質感アップを果たした出来
塊感のあるデザインは力強さを感じることができ、好感度は高い。同時にインテリアに費やされた労力も大きく、質感は従来車に比べると大幅に向上している。大幅にレベルアップした内外装で満足感も高いと思う。

ハンドリングは初代の軽快感と2代目の安定感をミックスしたような味付けで、とかくモデルチェンジンのたびに重くなりがちなクルマにあって、重量増を抑えており、すっきりとしたハンドルの操作感や、シャープな回頭性などワクワクした気持ちを大切にしたクルマづくりを重要視している。

『ロードスター』はいつ乗っても楽しく、面白い。エンジンは2リッターになったがこれまでよりも、回転の伸びがよく、よりスポーツカーらしいパワーユニットになっている。欲をいえばもう少し官能的な味が欲しいところだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集