アウディS8 を日本投入…最高出力450ps、装備も充実

自動車 ニューモデル 新型車
アウディS8 を日本投入…最高出力450ps、装備も充実
  • アウディS8 を日本投入…最高出力450ps、装備も充実
アウディ・ジャパンは、新型アウディ『S8』の受注を28日から受け付けると発表した。デリバリーは10月からの予定。

昨年10月に東京モーターショーで発表された新型S8は、アウディの歴史で初めて10気筒エンジンを採用するモデル。ロングストローク型V10エンジンはアウディグループのランボルギーニ『ガヤルド』で得られた技術的ノウハウをフルに活用するとともに、モータースポーツから移植されたFSIガソリン直噴エンジン技術を採用した。新型5.2リッターV型10気筒FSIエンジンは、7000rpmで最高出力450psを発揮、最大トルクの540Nmは、2300rpmの低い回転速度で90%を発生する。

最新世代の「クワトロ」フルタイム4WDシステムと6速ティプトロニックオートマチックトランスミッションの組み合わせで、エンジンパワーが効率良く4輪に伝達される。また、アウディ独自の軽量なASF(アウディ・スペース・フレーム)コンセプトを採用したアルミボディを組み合わせたことで、操作特性を向上させることにより軽快な走りを提供、燃料消費も抑制する。

また、S8の特別装備のひとつとしてセダンとして初となる「セラミックブレーキ」をオプション設定する。セラミックブレーキは熱による制動力低下の影響を受けにくく、重量もスチールディスクの半分に相当する約5kgと軽量であるため、ハンドリングにも好影響を与える。最大30万kmの耐久性を持ち、寿命はスチールディスクの約4倍。

S8には、デンマークの最高級音響機器メーカーであるB&O(バング&オルフセン)が初めて開発したカーオーディオ、アウディ専用の最新サウンドシステム「B&Oアドバンスド・サウンドシステム」を標準装備する。

価格は1460万円。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース