【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実

自動車 ニューモデル 新型車

【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実
  • 【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実
  • 【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実
  • 【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実
  • 【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実
  • 【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実
  • 【ダイハツ COO 発売】日常の基本装備を充実
ダイハツから発売された『COO』(クー)はトヨタの『bB』と姉妹車だが、この2車にはエクステリアデザインやシートアレンジなど、大きく差別化が図られている。COOでは日常的に使用する基本装備が充実している。

ダイハツ工業製品企画部の堀信幸さんは「bBとCOOでは、ボディやエンジン&ミッションは共通ですが、内外装を中心に大幅な差別化を図っています。フロント周りは、バンパーやヘッドライト、ボンネット、フェンダーなど、大部分がCOOの専用設計になっております。リヤでもコンビランプのデザインを変え、バックドアにはガーニッシュを装着しました」という。

「インテリアではセンタークラスターをピアノ調のブラック塗装とし、質感の高さを求めています。また、運転席シートリフターを装備し、助手席にはシートアンダートレーを用意しています。さらにリヤシートにはスライド機構を設けています。また、足回りに関しても、リヤシートスライドの装着などにより、前後の重量バランスが変わるので、専用にチューニングを施しています」

加えてオーディオやメッキテールパイプなど、bBでは上級グレードにしか装備されないアイテムもCOOには全車に標準装備されている。まったりモードなど、bBの特徴的な装備は省略されているが、その分COOには日常的に使用する基本装備を充実させている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集