スバル 富士重工業社長に森郁夫常務執行役員

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は9日、同日の取締役会で竹中恭二社長(59)が取締役相談役に退き、海外営業本部長の森郁夫常務執行役員(58)が社長に昇格するトップ交代を内定したと発表した。6月末の株主総会後に就任する。

竹中社長は2001年に就任、昨年にはGM(ゼネラルモーターズ)との資本提携解消という難局に見舞われたが、トヨタ自動車との提携による同グループでの生き残りに道筋をつけた。

会見した竹中社長は「社長就任時から5年間を区切りにしたいと考えていた。トヨタとの提携内容も確定したこの時期がベストタイミングと考えた」と述べた。

次期社長に内定した森氏は1970年に入社後、生産部門に従事し米国工場の立ち上げにも参画した。その後は本人の希望で国内外の営業部門も担当するなど、幅委広い経験をもつ。

森氏は「顧客第一主義をずっと言い続け、企業風土を変えていきたい」と抱負を述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集