バイクETCが本格的な導入へ

自動車 テクノロジー ITS
国土交通省は23日、バイクETC(二輪車用自動料金収受システム)を今秋をめどに本格導入することと発表した。

昨年から取り組んでいるモニターによる試行運用を受け、今後は運用状況の分析などを行う。安全性などを確認した上で関係機関とも協議を進めながら、車載器の市販化にあわせて本格導入を図る。

国交省と各高速道路会社は昨年4月から首都圏で、今年2月からは近畿圏と中部圏で二輪車ETCのモニターによる試験運用を実施している。このアンケート調査でも97%が「二輪車ETCを必要」と回答し、96%のモニターが試行終了後も「利用したい」としていた。

また、各高速道路会社も二輪車ETCの実用化に向け、ETCカードのみの料金割引に対応を始めることとした。
《》

編集部おすすめのニュース

  • バイクETCモニター走行、東名高速へ延伸したが… 画像 バイクETCモニター走行、東名高速へ延伸したが…
  • 中部圏でも、ETC特定モニター開始 画像 中部圏でも、ETC特定モニター開始
  • 関西圏でバイクETC特定モニターを開始 画像 関西圏でバイクETC特定モニターを開始
  • バイクETC、通行レーンはこんな感じに模様替え 画像 バイクETC、通行レーンはこんな感じに模様替え

特集