パナソニック、ストラーダ TU-DTV100 専用ワンセグ対応ソフト

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
パナソニック、ストラーダ TU-DTV100 専用ワンセグ対応ソフト
  • パナソニック、ストラーダ TU-DTV100 専用ワンセグ対応ソフト
松下電器産業のパナソニックオートモーティブシステムズ社は、地上デジタル放送のワンセグサービスが4月1日から開始されることを受け、昨年6月から発売している車載用地上・BS・110度CS対応デジタルチューナー、ストラーダ『TU-DTV100』を対象に、ワンセグ受信を可能とするためのバージョンアップ用ソフトウェアのダウンロードサービスを18日から開始する。

ワンセグは移動体受信に強い特徴があり、今回リリースのソフトウェアで車載用デジタルチューナーをバージョンアップすることで、より広範囲に安定して地上デジタル放送を提供する。また、同社独自の機能である「おまかせ受信モード」や「チャンネルスキップ」機能、「緊急警報放送(EWS)」への対応なども機能アップできる。

「おまかせ受信モード」はデジタルならではの高画質が楽しめる12セグ放送とサービスエリアが広範囲で、高速移動でも安定受信にすぐれるワンセグとを、変化する受信状態に合わせて自動で受信を切り換えることができる『おまかせ受信モード』を装備、簡単な設定だけで、これまでのアナログテレビにありがちな画像の乱れや音声ノイズが少なくブレのない安定した映像・音声を受信できる。

「チャンネルスキップ」機能は、リモコンのアップ・ダウンボタンでの選局時に走行中に受信できなくなった放送局のサブチャンネルを自動的にスキップし、選局の煩わしさを軽減する便利機能だ。「緊急警報放送(EWS)」は、緊急警報放送が送られた場合、その放送チャンネルに自動にチャンネルを切り換える機能。

ソフトウェアはパナソニックオートモーティブシステムズ社の専用ホームページから、SDメモリーカードを使って無償でダウンロードができ、放送波によるダウンロードのように時間や場所にとらわれることなく、ユーザー自身で簡単にインストールできるのが特長。

同社は、すでに発売している車載用デジタルチューナーと2006年4月に発売する車載用デジタルテレビラインアップをワンセグ対応とすることで、車載での地上デジタル放送の視聴をより強化し、一層の市場拡大に取り組んでいくとしている。

ダウンロードウェブページ
URL panasonic.jp/car/dtv/
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース