【CeBIT06】ウルトラモバイルPCでGPSカーナビを

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【CeBIT06】ウルトラモバイルPCでGPSカーナビを
  • 【CeBIT06】ウルトラモバイルPCでGPSカーナビを
  • 【CeBIT06】ウルトラモバイルPCでGPSカーナビを
  • 【CeBIT06】ウルトラモバイルPCでGPSカーナビを
  • 【CeBIT06】ウルトラモバイルPCでGPSカーナビを
  • 【CeBIT06】ウルトラモバイルPCでGPSカーナビを
ドイツのハノーバーで9日から15日まで開催されている国際見本市CeBIT(事務情報技術センター)では、インテルが小型携帯情報端末「Ultra-Mobile PC」(UMPC)の製品を発表した。これは、マイクロソフトが「ORIGAMI」というプロジェクトで専用のソフトウェアを開発したものでもある。

今回、UMPCの製品を発表したのは韓国のサムスン、台湾のASUS、中国のFounder(方正電子)の3社。これらの製品は、本体重量が900g程度、7インチのタッチスクリーン式ワイド液晶(解像度800×400ピクセル)を搭載。CPUは、CeleronまたはPentium Mで、メモリーは256MB−512MB、HDDは30GB−60GBを搭載。

OSはWindows XP Tablet PC Editionで、これにORIGAMIブロジェクトで開発された『Touch Pack』(タッチパック)という専用のソフトが追加されている。 

台湾のASUSは、GPSモジュールを搭載した機種を開発。Windows XP対応の地図ソフト『AutoRoute』を利用することで、UMPCをGPSカーナビとして利用することも可能だ。発売は2006年4−6月を予定しており、価格は1000ユーロ(14万円)程度となる見通し。
《》

編集部おすすめのニュース

  • 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター 画像 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
  • ネット家電時代のカーセキュリティ 画像 ネット家電時代のカーセキュリティ
  • BMWとインテルが業務提携、F1の公式パートナーも 画像 BMWとインテルが業務提携、F1の公式パートナーも
  • 30分で事故報告書が書ける!! ---作成ソフト発売 画像 30分で事故報告書が書ける!! ---作成ソフト発売

特集