三菱自動車の資本増強が完了へ…三菱商事に300億円の優先株

自動車 ビジネス 企業動向
三菱自動車は12日の取締役会で、三菱商事を引き受け先とする300億円の優先株発行を決議した。第3者割当による「第4回G種優先株」となるもので、新株発行は3万株。払い込みは1月30日となる。

これで、昨年策定した「再生計画」による資本増強策が完了する。三菱自動車は調達資金を研究開発および設備投資へ充当する。

三菱重工業、三菱商事、旧東京三菱銀行の三菱グループ中核3社は、昨年3月に総額2740億円の資本増強に応じていた。三菱商事はこのうち700億円を負担していたが、追加として2005年度内に300億円の投入が決まっていた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 下期の原油価格を48ドルに想定---三菱商事の小島社長 画像 下期の原油価格を48ドルに想定---三菱商事の小島社長
  • 三菱商事首脳、三菱自動車問題を語る 画像 三菱商事首脳、三菱自動車問題を語る
  • 三菱商事、三菱自動車に対して資産買い取りではなく出資へ 画像 三菱商事、三菱自動車に対して資産買い取りではなく出資へ
  • 【パリダカ06】レグ4…増岡が転倒、リタイア 画像 【パリダカ06】レグ4…増岡が転倒、リタイア

特集

おすすめのニュース