【インプレ'05】熊倉重春 日産『セレナ』ママさんドライバーには頼もしいミニバン

試乗記 国産車

【インプレ'05】熊倉重春 日産『セレナ』ママさんドライバーには頼もしいミニバン
  • 【インプレ'05】熊倉重春 日産『セレナ』ママさんドライバーには頼もしいミニバン
鉄仮面みたいな顔つきが特徴だが、実際には「気は優しくて力持ち」。細部まで神経が行き届いた設計で、フロントドアのガラス部を少し切り下げたところも、すぐ近くを確認するのに効果的だ。室内は無駄なく広く、3列目への出入りも楽々。それより感心なのは、シートをたたんだり起こしたりするのに要する力がとても軽いこと。これが重いと、ママさんドライバーが難儀する。

走りはこのクラスの平均値といったところだが、ここで注目したいのがNISMOバージョン。重苦しいエアロなどは重要ではないが、スプリングやダンパーなど足回りのチューニングが非常にレベル高い。

車高はわずかに下がるだけで実用に支障なく、なんといっても走りが格段にシャキッと締まるのは驚きだ。ステアリングに対する反応も鋭くなるが、だからといって全体の安定感は損なわれない。乗り心地も、よほど大きな段差以外はガツンと来ない。これなら、十数万円の出費上積みも納得しやすい。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題
《熊倉重春》

特集